ゼニカル通販紹介

ゼニカル120mgとゼニカルについて勉強する女性

今話題の【ゼニカル】を使って食べた物の脂肪分をそのまま外へ排出!無理せず気楽に続けられるお薬ですが、使い方には注意がありますのでしっかりと当サイトで勉強してから利用してみてください。もちろんダイエット効果には個人差があります。

ゼニカルの使い方と注意点について

ゼニカルは、脂肪酸とグリセロールの化合物であるトリグリセリドの分解を活性化する消化器官から分泌される消化酵素であるリパーゼの作用を抑制し体内に取り入れたトリグリセリドを吸収可能な物質への分解を邪魔し、脂質吸収を約3割軽減するダイエット薬であり、アメリカのFDAに認可されている医薬品です。
ゼニカルは、食後1時間以内の服用や脂っこい食事の際に服用します。
ゼニカルの副作用としては、分解されず消化されなかった脂質がそのまま体外に出される為に、油分の多い便が垂れ出す事やオナラと間違えて便失禁してしまうなど便意を自分の意思で制御出来無い事が多くあり、排泄便は匂いが強烈なので放屁の際もトイレで行う方が好ましいとされています。ゼニカルを服用際には、オムツやナプキンなどを着用すると安心です。
排泄された便の中には、未吸収の脂質とビタミンAやビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、βカロテンなどの脂溶性の栄養素が流れ出るので、脂溶性栄養素が不足する恐れがあるので、マルチビタミンなどの補助剤の併用が好ましいとされています。
脂溶性ビタミンの不足は、素肌や粘膜の乾燥、泌尿器系の機能障害、免疫力の低下などを引き起こすので、注意が必要です。
ゼニカルは、胃や腸で効果を発揮するので腎臓や肝臓などの他臓器に蓄積される事無く、3日~5日で医薬成分の99%を尿や便として出す事から、副作用が少なく安全性の高い医薬品ですが、アレルギーや肝蔵の機能障害、血尿や四肢の浮腫み等の腎臓の機能障害、胆石症などの副作用が発症する事があります。
又、細胞内情報伝達を阻害するシクロスポリンや甲状腺ホルモン製剤であるチラージン、血栓塞栓症の治療薬であるワーファリン、抗てんかん薬との併用は禁忌です。

■ゼニカルのジェネリック医薬品です
オベリット